予防接種|はたのクリニック|岐阜県可児市|JR太多線 下切駅すぐそば

内科・循環器内科・漢方内科・呼吸器内科

(0574)62-7501

休診日 水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

予防接種

予防接種

当院では予防接種としてインフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。

ワクチンとは、感染症の原因とされる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりすることでつくられたもので、これを体内に注入することで、抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくるようになります。

ワクチンを接種することで当該感染症に罹りにくくし、また万一感染して発症したとしても重症化を防ぎます。予防接種は個人の身を守るというために行うほか、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的でも行われます。

なお、上記以外のワクチン接種を希望される方は、ご相談ください。

予防接種

当院で行う
予防接種について

ワクチン名 接種回数 費用
インフルエンザ 接種回数:1~2回
※13才未満の方は原則2回接種(2-4週の間隔)
一般の方
接種 1回目 3,500円(税込)
接種2回目 3,000円(税込)

65歳以上(可児市在住)
1,500円(税込)

65歳以上(多治見市在住)
2,000円(税込)
肺炎球菌(23価) 接種回数:1回 一般の方
10,000円(税抜)

65歳以上(可児市在住)
3,000円(税込)
肺炎球菌(13価) 接種回数:1回 12,000円(税抜)
おたふくかぜ 接種回数:1回 7,000円(税抜)
水痘 接種回数:1回 10,000円(税抜)
MR(麻しん・風しん混合) 接種回数:1回 12,000円(税抜)
B型肝炎 接種回数:3回 10歳以上
8,000円(税抜)

接種証明書
1,000円(税抜)
帯状疱疹 接種回数:1回 10、000円(税抜き)
2種混合(ジフテリア・破傷風) 接種回数:1回 小学6年生(11歳以上13歳未満)
各市町村の補助にて無料
沈降破傷風トキソイド 接種回数:1~3回 3,000円(税抜)
A型肝炎 接種回数:3回 10,000円(税抜)
狂犬病予防 接種回数:3回 15,000円(税抜)
風しん抗体検査(無料)・予防接種の公費負担について

風しんの流行に伴い、風しんの抗体検査・予防接種の公費負担がされます。

実施期間

2019年4月1日~2022年3月31日(予定)

対象者 国の公費負担
  • 妊娠を希望する女性
  • 妊娠を希望する女性の夫又は同居者
  • 妊婦(低い風しん抗体価の妊婦)の夫または同居者
抗体検査(HI法:採血)は無料です。
風疹予防接種は全額自費です。
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性 風疹抗体検査・予防接種いずれも無料。※1
要:クーポン券と本人確認書類。※2

※1公費負担予防接種(1回目無料、2回目有料)は、検査結果で抗体量が不十分な方のみとなります。
※2抗体検査、予防接種のクーポン券は、住民票のある市区町村から届きます。

2019年度のクーポン券送付の対象者は、昭和47年4月2日-昭和54年4月1日生まれの男性。
昭和37年4月2日-昭和47年4月1日生まれの男性は、2020、2021年度にクーポン券配布。
2019年度にクーポン券希望の方は、健康増進課に申し込んで下さい。

問い合わせ先

可児市 健康増進課 0574-62-1111
多治見市保健センター 0572-23-6187

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは、肺に病原微生物(細菌やウイルスなど)が感染することで炎症を起こしている状態のことで、全身の免疫力が低下している際に発症しやすいと言われています。なかでも高齢者の方や基礎疾患を持っている方などにかかりやすく、しかも治りにくいことでも知られています。症状としては、発熱、激しい咳、呼吸困難などが現れます。

なお肺炎の原因菌の中で最も多いとされる菌が肺炎球菌で、大人の肺炎の実に20~40%は、この菌が原因によるものです。そのため、この肺炎球菌ワクチンを接種すれば、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化のリスクを低減させる効果が期待できます。

日本人の死因の第3位を占める肺炎ですが、死亡者の9割以上が65歳以上の高齢者と言われています。高齢者の方は、肺炎球菌ワクチンの接種は定期接種となりますので、対象の方は可能な限りお受けになるようにしてください。

注意事項

肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症です。

感染すると1~2日ほどの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。このほかにも小児であれば、痙攣や中耳炎、ごく稀に急性脳症の症状が、高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、重症化することもあります。

このようなインフルエンザを予防するためにも、流行前のワクチン接種が有効です。

接種時期

例年12月~翌3月頃に日本ではインフルエンザが流行していること、接種した後に効果が出るまでに約2週間かかることから、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいと思われます。また、インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行しますので、それに対抗するためにも、予防接種は毎年行うようにしてください。

接種回数

インフルエンザの予防接種につきましては、年齢によって接種回数が異なります。12歳までのお子様につきましては2回の接種、13歳以上の方は1回の接種となります。2回接種する場合は、1回目から2~4週間ほどの間隔を空けてから2回目の接種を受けるようにしてください。

高齢者の方の予防接種について

可児市・多治見市では、対象者に向けた助成があり、インフルエンザ・肺炎球菌のワクチン接種について、一部費用が公費にて負担されます。対象者や補助実施期間につきましては、お住まいの自治体(市区町村)の公式ホームページをご確認ください。

お電話でのご予約は 
(0574)62 - 7501 (0574)62-7501

ご不明な点やご質問などにつきましても、お気軽にお問い合わせください。

体調不良の場合は、「お電話」または「受付窓口」にてお申し出ください。

はたのクリニック
診療科目 内科・循環器内科・漢方内科・呼吸器内科
住所 〒509-0245 
岐阜県可児市下切 3808-1
 アクセス
電話(0574)62-7501
院長波多野 潔
休診日水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日
診療時間
9:00 - 12:00
16:00 - 19:00

 水曜日は奥野医師が担当